創作的おしらせ

新作Web連載&贅沢な3巻無料のおしらせ!

今シーズン二度目の花粉症ピークを乗り越えたような気がしないでもない我鳥です、こんにちは

最近ちょっとご無沙汰だったWebマガジンCobaltに、新作を載せていただくことになりましたです!(嬉)
5/1から数回に分けて毎週金曜連載予定です。
 

精霊指定都市 ~精霊探偵社《So Sweet》と緋色の総帥~

幼い頃から不思議なものが見えることで悩んでいる女子高生・だりあは、曾祖母からの紹介で、精霊探偵社《So Sweet》という不思議な探偵事務所を訪ねる。そこはイケメン社員しかいないホストクラブのような場所で、社長は真っ赤なスーツに身を包んだモデル張りの美青年。彼はだりあに不思議な《首輪》を付け、ここでアルバイトをするように命じ……!?
 

いろいろちょっと悩み深いヒロインと、人間性に問題のあるイケメンしか出てこないお話ですが、お暇でしたら読んでみてくださいませ。
 

それから、お家で過ごす時間が増えた方のために、緊急企画でコバルト文庫・オレンジ文庫から無料で読める作品を公開中です。
その中に、『贅沢な身の上』1~3巻も入れていただいています。
電子書籍製品版がそのまま公開されておりまして、これまでの無料試し読みと違って挿絵とあとがきも省かれずに入っています。お得ですよ!
いろんな先生方のいろんな作品が読めるようになっているので、ぜひ覗いてみてくださいね

| | コメント (0)

『うちの中学二年の弟が』発売中!

はい、めでたく新刊発売日となりました
前回の超シリアス作品とは打って変わって、今回は超コメディです!

 

【2020年3月19日発売】集英社オレンジ文庫

うちの中学二年の弟が

『うちの中学二年の弟が』

一昨年にコバルト文庫から出たジャパネスク・アンソロジー本、去年にオレンジ文庫から出たチョコレート小説・アンソロジー本にそれぞれ寄稿した短編に、書き下ろしを加えた短編連作集です。
(ジャパネスク・アンソロジー初版発売時に配布された特典ペーパー用ミニ小説も巻末に収録しましたよ!)
 

これはですね、書き下ろしを含めた完成原稿を提出した時の、担当さんの悩みっぷりが印象的な一冊です。
元々アンソロジー用に書いた二作もハチャメチャなコメディでしたが、それを上回るアホな書き下ろし作品を突きつけてしまったため、私のコメディのノリにはいい加減慣れているはずの担当さんですら、「これをどーやって売ったらいいんだ……」と頭を抱えてしまいました💦
レーベル色に合っているとは決して言えない作品ですが、このご時世に、馬鹿馬鹿しいコメディに笑って免疫UP!のお手伝いが少しでも出来たらいいな、と思っております。
 

装画のAmit様には、敢えて六区の全貌を描かないカバーイラストを描いていただきました。
あなたが想像する絶世の美少年……それが六区です! というわけで、ご想像にお任せ美少年なのです(笑)
楽しいPOPも作っていただきました。
本屋さんで見かけたら、ぜひお手に取ってみてくださいませ!
なお、電子版は来週3月26日配信開始予定です。デジタル派の方はそちらでどうぞ!

『うちの中学二年の弟が』POP

 

| | コメント (0)

新刊発売のおしらせ!

絶賛花粉症シーズン突入中の我鳥です、こんにちは
今年は花粉が少ないとの予想が出ていましたが、普通に例年どおりの辛さです(>_<)
目の痒みと闘いつつ、新刊のお知らせをいたします!
 

【2020年3月19日発売予定】集英社オレンジ文庫

うちの中学二年の弟が

『うちの中学二年の弟が』
 
去年、一昨年とコバルト文庫・オレンジ文庫から刊行されたアンソロジー本に寄稿した短編が、書き下ろしを加えて一冊にまとまることになりました!
彼の名は鷺沼六区(さぎぬま ろっく)、天使の美貌を持つ中学二年男子。趣味は女装、特技は中二的妄想。
老若男女問わずメロメロにしてしまう美貌と妄想推理を武器に突っ走る六区と、そんな弟に振り回される姉・ココを描いた短編連作です。
 

カバー装画は、コバルトのイラスト大賞を受賞なさったAmit様です。
主役の顔が全部見えないドアップ構図は、六区の絶世の美貌は読者の皆様それぞれ一番好みの美少年像を想像していただく――という趣向でございます。こんな美少年にだったらもう、何をされても許しちゃうな~💕という美少年をどうか各自ご想像ください(笑)
明子姉ちゃん(By『巨人の星』)かココちゃんか、という勢いで電柱の陰から弟を見守る姉・ココちゃんもよろしくです(笑)

| | コメント (0)

魔王係2巻発売中!

はい、本日は『魔王陛下のお掃除係』2巻の発売日です

『魔王陛下のお掃除係』2巻

サクラちゃんは相変わらずお掃除しまくり、周りのキャラたちの秘密が垣間見えつつ、魔王様は順調に残念の坂道を転がり落ちております!
そして、とうとう熱血勇者ノアが魔王城に乗り込んできた……!?
この続きは、発売中の月刊プリンセス1月号で読めますよ~!

| | コメント (0)

『雛翔記』電子版のおしらせ!

電子書籍のおしらせです!

オレンジ文庫11月刊『雛翔記 天上の花、雲下の鳥』電子書籍版は、12/13(金)配信開始予定です。
デジタル派の方は、こちらでお読みくださいませ~!

Susyokit_20191205162301

| | コメント (0)

魔王係2巻発売のおしらせ!

文庫新刊に引き続き、コミックス新刊のおしらせです!

プリンセスコミックス『魔王陛下のお掃除係』2巻は、12月16日発売予定となっております。

 

『魔王陛下のお掃除係』2巻


周りのあんなキャラやそんなキャラたちの秘密が垣間見えつつ、魔王様はどんどんサクラにデレ堕ちつつ……!? な感じで、異世界に迷い込んだJKサクラちゃんのお掃除生活は続きます。
どうぞお楽しみに!

 

なお、月刊プリンセスでの連載も続いております。
12月6日発売の1月号には、第9話掲載予定。コミックスの続きがすぐ読めますよ♪

| | コメント (0)

『雛翔記』発売中!

はい、本日は新刊の発売日でございます!

【2019年11月20日発売】集英社オレンジ文庫

雛翔記 天上の花、雲下の鳥

『雛翔記 天上の花、雲下の鳥』

大王暗殺の命を受け、媛君の替え玉として後宮へ上がることになった娘・日奈(ひな)。
大王の長子である身分を隠し、諸国を放浪する王子・朱鷺王(ときおう)。
日奈の主である、美しき異形の花の王・異花王(ことはなおう)。
《汝鳥》の性を持つ娘と《我鳥》の性を持つ王子が出逢った時、皮肉な運命の歯車が動き出す――……。


この作品を、ちょうどデビュー10周年のタイミングで世に出せたことが本当に嬉しいです。
私にとって、とても大切で特別な題材のお話です(その辺のことは、あとがきで書いていますのでここでは割愛します^^;)。
いろいろな想いを籠めて書いたお話です。伝わる方にだけ伝わればいいかな、という細かいこだわりも詰め込んでいます。何か伝わるものがありましたら、伝わってきたよ~と一言いただけましたら嬉しいです。
綺麗な装画を描いてくださった禅之助先生にも大感謝です。 本当にありがとうございました。
 

POPを作っていただきました。
日奈の目の力がアップで効いてますね……!

POP

 

WebマガジンCobaltに特集ページを作っていただいています。
こちらもどうぞ!

我鳥彩子デビュー10周年記念特集

| | コメント (0)

記念特集ページのおしらせ!

えー、わたくし、今月でデビュー10周年を迎えるのでして。
そして来週発売の新刊で、著作(単著)が40冊目となりまして。
そしたらば、WebマガジンCobaltに記念特集ページを作っていただけることになりまして。
……といっても、以前30冊記念の時に作った特集ページのデータがせっかくあるので、それを再利用・追加更新して40冊&10周年記念ページにしようかという話になった、ということのようでございます(笑)
 

今回はデビュー10周年記念として、文庫シリーズ4タイトルの1巻をまるごと無料試し読み出来ることになりました。
『月の瞳のエゼル』、『贅沢な身の上』、『あくまで悪魔!』、『チョコレート・ダンディ』のそれぞれ1巻がまるごと読めます!
(ただし、挿絵は省かれているそうですが💦)
読んだことのない方はこの機にぜひ、また、この手のお話が好きそうなお友達がいましたら、ぜひ教えてあげてくださいませ!
 

それと、このページからのリンクで、新刊『雛翔記』の登場人物紹介ページも作っていただいております。
装画の禅之助先生に、文庫本体では見られない男性陣の宣伝用カットを描いていただいたりしているので、ぜひご覧ください💕

我鳥彩子デビュー10周年記念特集

| | コメント (0)

『雛翔記』発売のおしらせ!

日に日に寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今この文字を打つ指も、いささか冷えております💦

そんなこんなで新作のおしらせをいたします!
 

【2019年11月20日発売予定】集英社オレンジ文庫

雛翔記 天上の花、雲下の鳥

雛翔記 天上の花、雲下の鳥  

大王暗殺の命を受け、媛君の替え玉として後宮へ上がることになった娘・日奈(ひな)。
大王の長子である身分を隠し、諸国を放浪する王子・朱鷺王(ときおう)。
日奈の主である、美しき異形の花の王・異花王(ことはなおう)。
《汝鳥》の性を持つ娘と《我鳥》の性を持つ王子が出逢った時、皮肉な運命の歯車が動き出す――……。
 

カタカナ言葉など一切ない、大真面目な古代和風ファンタジーです(普通に古代和風を書いただけなのに、そう断らなければならないこれまでの私の作風💦)。
題材の着想から数えるなら四半世紀かかってやっと書き上げられた代物で、これをデビュー10周年&著作40冊目というタイミングで発表出来ることがひたすら感慨深いです。
(私のペンネームの由来にもなっている題材ですが、どういうことなのかは、読んでお確かめください)
 

硬派なタイトルからも装画の雰囲気からも、シリアス路線のお話だということはよくわかるかと思いますが、残念ヒーロー好きな方のご用命にもお応え出来る作品となっております。
『シリアス』と『残念ヒーロー』は並立し得ることを証明する仕上がりになったと申しますか……。
(どんな仕上がりなのよ、と気になる方は、読んでお確かめください)


装画は禅之助様。
大変美しく、目が離せなくなるようなカバーイラストを描いていただきました
日奈がこっち見てる……!
今回はメインタイトルが短いので、タイトルがどどーんと大きいのも印象的です。

 
ともあれ、ひとりの女の子が成長する物語です。
シリアス好きの方にも残念ヒーロー好きの方にもお楽しみいただけるものになったかなと思いますので、どしどしお手に取っていただけましたら嬉しいです

| | コメント (0)

『アリア嬢の誰も知らない結婚』電子版のおしらせ!

電子書籍のおしらせです!

オレンジ文庫7月刊『アリア嬢の誰も知らない結婚』の電子版が、8/9(金)に配信開始となります。
デジタル派の方はこちらでお読みいただければ嬉しいです!

20190712_163031_20190802195201

| | コメント (0)

より以前の記事一覧