ご挨拶

明けまして2024年!

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。
 

何気に今年でデビュー15周年。
細々とやって来てもうそんなになるんだな~と、こないだ担当さんとも驚き合いました(笑)
(デビュー前からお世話になっている担当さんなので、お互いに感慨深い笑)
 
相変わらず以前に比べれば執筆速度はゆっくりとなっていますが、今年もあんなお話やこんなお話、好きなものを書き散らしてゆくことと思います。
原作を担当している漫画『魔王陛下のお掃除係』も、連載5周年。最新コミックス10巻は来月発売予定です。
小説も漫画も、どうぞ今後ともよろしくお付き合いくださいませm(__)m

| | コメント (0)

明けまして2023年!

あけましておめでとうございます
また年末のバタバタからそのまま年を越してしまいましたが、調子としては悪くないので、まあよしとします(笑)
 
昨年後半からは、数年がかりで書き溜めていた『革命王女の戴冠』のWeb連載がやっと始まりました。
e文庫として刊行されつつ、まだしばらく連載も続きますので、よろしければお付き合いくださいませ。
最終巻となる3巻は1/26配信開始予定です!
 
月刊プリンセスでは、書き下ろし原作を担当している『魔王陛下のお掃除係』が連載中です。
魔王様の少年時代エピソードも書けて嬉しかった8巻は1/16発売予定です!
 

そんな感じで、本年もぼちぼち頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0)

明けまして2022年☀

明けましておめでとうございます
バタバタの内に年を越して新年となりました💦
相変わらず、創作作業に使える時間が以前より少ない状況ですが、原作を担当させていただいている少女漫画『魔王陛下のお掃除係』のシナリオ作りを頑張りつつ、書くと約束してからやたら時間がかかってしまっている小説原稿の方も超低速ながら丁寧に書き進めたいなあと思っております。
何か作品が表に出ました際には、読んでみていただければ幸いです。

そんな感じで本年もよろしくお願いいたします!m(__)m

| | コメント (0)

暮れの元気なご挨拶2020

2020年もそろそろ終わりですね。
皆様ご同様かと思いますが、今年はいろいろと予定が狂いまくった一年でした。
特に後半は、数年前から持病っぽくなっていた症状がちょっと強く出てきてしまったり、家族が不慮の事故で大怪我をしてしまったりと、私的な問題があれこれと重なり、小説執筆作業がストップ状態に💦
漫画の方は、幸い原作シナリオをまとめて書いて提出してあったので、まだしばらくはご迷惑をかけずに済みそうですが、デビュー以来、こんなに長く小説を書けずにいるのは初めてです💦
年が明けたら、少しずつ体調やペースを戻していければと思います。
(手間がかかるけど書きたくてたまらなかった作品の作業が途中になっているので、早く再開したいんですよ~)
そんなわけで、今年はあんまり元気な暮れのご挨拶にはならなくて申し訳ありません(記事タイトルに偽りあり!💦)
あ、すでに書き上がっている原稿は、いずれ表に出るかと思いますので、その際はまた改めて告知いたしますね~

来年は明るい年になりますように

| | コメント (0)

明けまして2020年!

明けましておめでとうございます!
頭脳労働をしつつの年末年始となりましたが、本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

原作を担当している少女漫画『魔王陛下のお掃除係』は月刊プリンセスにて連載継続中(今月号はお休みで、来月号から再開です)、小説の方も新刊の予定がありますので、時期が来たら告知しますね!
今年は、オリンピック休暇(という名のリフレッシュ休暇)に入るまでどれだけやれることをやっておけるか、が勝負であります。
頑張りますので、今年もよしなにお付き合いいただけましたら嬉しいです!

| | コメント (0)

暮れの元気なご挨拶2019。

今年もそろそろおしまいですね!
デビュー10周年、新しいことにも挑戦出来て、意義深い一年でした。
公式にこんなページも作っていただいたりしました💦

我鳥彩子デビュー10周年記念特集

 
少女漫画の原作をやってみたい……というのは私の夢でした。
漫画畑の編集さんに相談に乗ってもらったり、原作シナリオの書き方を練習してみたり、小説執筆作業の合間にそんなことをしていましたが、何にせよ、私には漫画原作者としての実績がないので(既刊作品のコミカライズ経験があることと、原作者として一から漫画にするための作品を書くことは別でしょう)、この夢を叶えるには、まずはどこかに持ち込みをしなければ始まらないだろうと思っていました。
それがまさか、こちらから押し掛けるのではなく、依頼という形でお声をかけていただくことがあろうとは。
けれどやっぱり、同じ《原作》としてコミックスの著者欄に名前が載るにしても、既刊作品がコミカライズされるのと、連載のために原作を書き下ろすのは、まっっったく違うことです。それは覚悟していましたが、覚悟していた以上に、書き下ろし原作は難しいお仕事でした(単純に作業量だけでも段違いです)
私のラブコメ作品が少女漫画っぽいのは自他共に認めるところでしたが、改めて漫画のためにお話を書こうとしてみると、いろいろ思うに任せないことも多く、自分はやっぱり小説書きなんだなあ、文章で読ませることを前提にものを考えているんだなあと実感するばかり。
私の不慣れさのせいで、担当さんと作画の梶山先生にはご迷惑をかけまくっていますが、有り難いことにコミックスが2冊出て、連載はまだ続いています。
熱血勇者ノアくんが乗り込んできたことでラブコメ展開が加速するので、この先の展開もどうぞ応援していただけましたら嬉しいです。

『魔王陛下のお掃除係』公式Twitterアカウントはこちら→https://twitter.com/maou_cleaners

『魔王陛下のお掃除係』1巻 『魔王陛下のお掃除係』2巻

 
魔王係のコミックス1巻と同時期に、『アリア嬢の誰も知らない結婚』も刊行されました。
これは実は、一度書き上げた原稿を全ボツにして書き直したものでした。初めの原稿は、コメディテンションが下がってしまっている時に無理に書いて、目も当てられない出来だったのです。
私はシリアス作品が本職で、デフォルトがシリアステンションです。コメディを書くためには、意識してコメディテンションを上げ、且つその状態を維持しなければならないのですが、この時はそのテンションコントロールに失敗してしまったのでした。
いくら前から書きたかったネタとはいえ、コメディテンションが低い状態で無理にラブコメを書こうとすると、こんなひどい出来になるんだ――ということを、担当さんにばっちり証明してしまいました(苦笑)
昔、『贅沢な身の上』シリーズを書いている時にも、コメディテンションを保てなくてお話がおとなしくなってしまい、直しが入ったことがありました。
それ以来、コメディを書かなければならない時はシリアス作品に触れないようにしたり(引っ張られるので)、気を付けてはいたのですが、この時はうっかりシリアスなテレビドラマに嵌まってしまい、まんまとコメディ熱が下がってしまっていたのでした。
でもその頃、ちょうど漫画原作のお話をいただいて、そちらの作業をするうちにコメディテンションが復活したので、無事にアリア嬢も完成しました。なので、浅からぬ縁のある作品が同時期に刊行されたとも言えます(笑)

『アリア嬢の誰も知らない結婚』

 
記念すべき著作40冊目となった『雛翔記 天上の花、雲下の鳥』に関しては、こういうのが本職なので、最初から最後までハイテンションでノリノリでした。
たぶん過去最高にご機嫌な執筆だったと思います。書いている間、ず~っと機嫌が良かった。
調べ物が大量にあって大変な作品ではありましたが、その大変さも楽しかった。苦労が苦じゃなかったです。
(読んだ資料の量は、『Fが鳴るまで待って』とどっちが多いだろう……。とりあえず、これとFが私の中で資料量の双璧だとは思います)

『雛翔記 天上の花、雲下の鳥』


そうそう、年の初めにはチョコレート小説アンソロジー『秘密のチョコレート』も刊行されたのでした。
前年のジャパネスクアンソロジーと、たまたまアンソロジー短編依頼が続いたので、レーベルをまたいで勝手に連作にしてしまいましたが、六区とココの姉弟は一部の方にとてもウケた模様です。
こんなアホな話を喜んでくれる方がいてくださるおかげで、私はこうしてやっていられます。有り難いことです(涙)

『秘密のチョコレート』

 
そんなこんなで、今年も書きたいものが書けて幸せでした😃
来年もよろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0)

デビュー10周年によせて。

こんにちは、我鳥です
最近は告知記事ばかりのブログになってしまっていますが、デビュー10周年という節目を迎え、今この時に思うことをつらつらと語ってみようかなと思います。
何やら無性に、デビュー前後のことが思い出されてならないので、その辺のことを語り出したら、おそらく長くなります💦
 

 

続きを読む "デビュー10周年によせて。"

| | コメント (0)

明けまして2019年!

明けましておめでとうございます!

2019年になりましたね。今年は私にとってちょっと特別です。
なんとなれば、2009年受賞デビューの私には、物書きデビューして丸10年、10周年に当たる年なのでございます。
いつの間にそんなに時が経ったのかとびっくりですが
せっかくなので今年は新しいことにも挑戦していけたらなあと思いつつ、とりあえず今年前半はラブコメ路線な感じです。
よく考えてみれば、去年は残念ヒーローを書いていなかったんですよね。どうやらそのことに関して読者様方にご不満がある様子で 今年は残念ヒーローが飛び出すと思います。たぶん。

差し当たっては、1/18発売の『秘密のチョコレート』というチョコレート小説アンソロジーに参加しておりますが、これは残念なイケメンの恋にまつわるお話です。ぜひ読んでみてくださいませ!
 

ではでは、本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0)

暮れの元気なご挨拶2018。

気がつけば年の瀬です。
今年はいつも以上に一年が短かった気がしています。本当にちゃんと十二ヶ月あったのかどうか怪しんでしまうほど
 

今年は、なんと言ってもシオンをちゃんと最後まで書けたのが嬉しかったです。
ラブコメを書くようになってから丸くなってしまっていた自分を、いくらかは昔の自分に戻せた感じで、そこが嬉しい。
今はこれで精一杯ですが、もっともっと容赦なくしていけるはずなので、これは今後の課題です(担当さんには、これ以上昔に戻って物騒路線にしなくてもいいですよ、とは言われるのですが でも私はもっと戻したい!)
 

その一方で、アホなものも書きました。
とことん楽観的なヒロインが活躍する『楽観戀情値千金』は、去年書いていた天都宮シリーズのスピンオフ的な作品で、守銭奴王子の果潤が書けて嬉しかったです。
『なんて素敵にジャパネスク』のトリビュートとして書かせていただいた『じゃぱねすく六区』は、もう、リスペクトが一周回って変な方向へ暴走した感じで……これを笑って受け入れてくれたコバルト編集部は本当に本当に懐が深いと思います(先日お呼ばれしたパーティでは、複数の編集さんからこの作品を褒められまして。びっくりしました コバルト編集部を登場させたのが面白かったのかなあ)
ちなみに、キャラの濃いコバルト編集者ジャスミンさんに特定のモデルはいません(←これ、訊かれるのですが)。ただ、プロット段階で、会社の規則として金髪染めは大丈夫なのかと担当さんに確認したところ、そういう社員を見たことがあるからOKだとの回答を得て書いたキャラではあります(笑)
そうそう、編集部周りのことをリアルに書き過ぎて、防犯上の問題があるからぼかしてください、と言われたりはしました。が、ストーリーに関してはまったく直しが入らなかったのがすごいところです。「いいんですか、これで!?」とこちらが逆に訊き返したくらいで
 

ともあれ、容赦なくシリアスなお話が好きな半面、どーしようもなくアホなお話も好きなのでして。そちらの路線も今後精進していきたいです。
そんなこんなで、来年もへっぽこ物書き我鳥彩子をよろしくお願い出来ましたら幸いです。

それでは皆様、よいお年をー!

| | コメント (0)

明けまして2018年!

明けましておめでとうございます

2018年ですね、冬季オリンピックの年ですね!
例によって、オリンピック休暇(全力でテレビ中継を見る期間)を取るために、今月はひたすら原稿に勤しむ所存です(先月も全力で勤しんでおりましたが。先々月も……)
 

今年の最初は、まずラブコメ作品が表に出るかと思います。
見かけましたらお手に取っていただければ嬉しいです。
シオンの続きも絶賛執筆中です。こちらもぜひぜひ楽しみにしていただければ……!

 

趣味に走ったむふむふネタを今年も書き散らしてゆくかと思いますが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0)