« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

暮れの元気なご挨拶2018。

気がつけば年の瀬です。
今年はいつも以上に一年が短かった気がしています。本当にちゃんと十二ヶ月あったのかどうか怪しんでしまうほど
 

今年は、なんと言ってもシオンをちゃんと最後まで書けたのが嬉しかったです。
ラブコメを書くようになってから丸くなってしまっていた自分を、いくらかは昔の自分に戻せた感じで、そこが嬉しい。
今はこれで精一杯ですが、もっともっと容赦なくしていけるはずなので、これは今後の課題です(担当さんには、これ以上昔に戻って物騒路線にしなくてもいいですよ、とは言われるのですが でも私はもっと戻したい!)
 

その一方で、アホなものも書きました。
とことん楽観的なヒロインが活躍する『楽観戀情値千金』は、去年書いていた天都宮シリーズのスピンオフ的な作品で、守銭奴王子の果潤が書けて嬉しかったです。
『なんて素敵にジャパネスク』のトリビュートとして書かせていただいた『じゃぱねすく六区』は、もう、リスペクトが一周回って変な方向へ暴走した感じで……これを笑って受け入れてくれたコバルト編集部は本当に本当に懐が深いと思います(先日お呼ばれしたパーティでは、複数の編集さんからこの作品を褒められまして。びっくりしました コバルト編集部を登場させたのが面白かったのかなあ)
ちなみに、キャラの濃いコバルト編集者ジャスミンさんに特定のモデルはいません(←これ、訊かれるのですが)。ただ、プロット段階で、会社の規則として金髪染めは大丈夫なのかと担当さんに確認したところ、そういう社員を見たことがあるからOKだとの回答を得て書いたキャラではあります(笑)
そうそう、編集部周りのことをリアルに書き過ぎて、防犯上の問題があるからぼかしてください、と言われたりはしました。が、ストーリーに関してはまったく直しが入らなかったのがすごいところです。「いいんですか、これで!?」とこちらが逆に訊き返したくらいで
 

ともあれ、容赦なくシリアスなお話が好きな半面、どーしようもなくアホなお話も好きなのでして。そちらの路線も今後精進していきたいです。
そんなこんなで、来年もへっぽこ物書き我鳥彩子をよろしくお願い出来ましたら幸いです。

それでは皆様、よいお年をー!

| | コメント (0)

チョコレート・アンソロジーのおしらせ!

年末年始の休みを取るために絶賛原稿中の我鳥ですこんにちは
またまたアンソロジーに参加させていただいたので、そのお知らせです。
 

【2019年1月18日発売予定】 集英社オレンジ文庫

秘密のチョコレート
   チョコレート小説アンソロジー

『秘密のチョコレート』

この中で、
『ちょこれいと六区 ~うちの悪魔で天使な弟が~』
という短編を書かせていただきました。
例によって私はアホなラブコメ部門担当です。
コバルト文庫の方で書かせていただいたアンソロジー本にも出てくる妄想美少年・六区が、レーベルを越えて登場します
今度は残念なイケメンイラストレーターの恋路に首を突っ込む六区と、それに付き合わされる姉・ココのお話、よかったら読んでみてくださいませ~!

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »