« 新作掲載中!&新刊のおしらせ! | トップページ | アデルと坊ちゃまからお祝い! »

チョコダン&贅沢なこぼれ話!

すっかり寒くなりましたね。
おこたを恋しがりながら原稿を進め、やっと大きな山を越えたと思ったら、11月に入ってるし……sweat01
むふむふが止まらないこの原稿のことはさておき、今日はちょっと、チョコダン3巻でやっと書けた、『私がとっても書きたかったシチュエーション』について雑談しようかと思います。
この話には『贅沢な身の上』シリーズのあれこれも絡んできますが、興味のある方は続きをどうぞ!

 

 

さて、私がず~っと書きたかった王道シチュエーション。それはズバリ、

雨宿りのラブシーンheart04

ヒロインとヒーローが一緒にいる時、突然の雨、手近なところへ逃げ込んで雨宿り、そしていい雰囲気になる……という王道のアレです。
これがですね、今まで書いてきた作品の中、書けそうでなかなか書けずにいまして、チョコダン3巻の3話目で、やっと書けました! アデルちゃんとオスカー坊ちゃまがやってくれました!
大喜びで挿絵も入れていただきました。この巻、別にナスのことばっかり考えていたわけじゃないんですよ私も(笑)
もちろん、いい雰囲気になったところで邪魔が入るのはお約束ですよ!(笑)
 

で、そもそもこのシチュエーションを書きたいと思ったのは、『贅沢な身の上』シリーズを書いている時でした。
書きたかったなら書けばよかったじゃないかとお思いでしょう。
しかし!
このお話、ヒロインの花蓮ちゃんは天下無敵の晴れ女!

雨が降らぬ! 雨宿り出来ぬ!sun

じゃあ、雨宿りじゃなくてもいいや。何かこう、遭難的な感じで陛下と一緒に山小屋的なところに逃げ込むシチュエーションに持ち込めぬものか……と私は考えました。
とにかくふたりを小屋的なところへ閉じ込めて、陛下が悪い気を起こす→花蓮ちゃん押し倒される→寸止めの神様降臨☆というお約束の展開をやりたかったのです。
しかし!
陛下はあれでも一応皇帝陛下、お仕事があって遠出出来ないよ! 遭難するような場所へ行けないよ! 仮に遭難しかけたとしても、サバイバル能力に長けているので切り抜けちゃうよ! ついでに花蓮ちゃんの謎の帰巣本能でちゃんと帰ってこられちゃうよ!

遭難出来ぬ! 山小屋に逃げ込めぬ!thunder

というわけで、どんな展開でもねじ込める、なんでもありなシリーズに見えて、実は盛り込めない展開もあった……というお話でした。
そしてその後に書いた作品も、なんだかんだで雨宿りは出来ず……。

まあ別に、無理に書かなくても、あのふたりの場合、オチは決まり切ってるんですけどね。
なんとかふたりを雨でびしょ濡れにさせて小屋的なところへ逃げ込ませても、陛下が「ふたりで温め合おう!」とガバッと行ったところで誰かが飛び込んできて何やら事件勃発、花蓮ちゃんの興味はそっちへ向いてしまい、陛下残念でした~という流れは目に見えている(笑)

でも、後から考えると、鳴鳴と理央でやってもよかったかもしれませんね、雨宿り。
どこかに逃げ込むという展開じゃなくても、このふたりの場合は身長差がありすぎるので、長い袖で上からさりげなく雨を避けてあげる蜥蜴閣下、いつもの言い合いをしている途中で自分が庇われていることに気づいて反応に困る鳴鳴、みたいな。
……うん、これはこれでお約束のむふむふシーンになったかもしれぬ(笑)

なんというか、この贅沢シリーズは全体的にカラッとしたムードの作品だったので、雨を降らせる……という発想自体が湧きにくかったのだとも思います。
そのうちまた、何かの作品で雨宿り出来そうな展開になった時は、存分に雨宿りさせてゆこうと思います。
そんな場面を見かけたら、「我鳥さんの趣味が出たなー」と生温かく読んでやってください(笑)

|

« 新作掲載中!&新刊のおしらせ! | トップページ | アデルと坊ちゃまからお祝い! »

創作的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新作掲載中!&新刊のおしらせ! | トップページ | アデルと坊ちゃまからお祝い! »