« 贅沢最終巻発売中! | トップページ | 新作『あくまで悪魔!』発売中! »

先日のクイズ(?)の答え!(贅沢最終巻こぼれ話)

贅沢最終巻が発売されてからそろそろ一ヶ月が経とうとしていますが、連続刊行の新作が発売される前に、クイズ(?)の正解発表をしておきたいと思いまする~。
 

 

シリーズ最終巻のカバーイラストで初めて許された『とあること』とは何でしょう?
 

という問題でしたが……答えは、『続きを読む』からどうぞ!
(最終巻既読の方推奨です。未読の方にはネタバレになる告知を含んでいますので、読んでからをお勧めいたします!)

 

 

 

ハイ、答えは、

 

heart04 花蓮ちゃんと陛下の恋人繋ぎ! heart04

 

でございました!

 

お気づきでしたでしょうか。今まで、ふたりがこういう手の繋ぎ方をしているカバーイラストはなかったのです。
なぜかというと、担当さんに禁止されていたからです!(笑)
寸止我愛コメディとして、私にも挿絵の犀川さんにも『オチのないいちゃいちゃ禁止令』が下され、『仮にいちゃいちゃさせても、ちゃんとオチを付けること。陛下を残念にして終わらせること』と言われておりました(気の毒なのは陛下……)
そんなわけで、カバーイラストの構図もふたりの接触具合に厳しいチェックが入り、これまでにも犀川さんは恋人繋ぎをしているラフを出してくださったことがありましたが、担当さんによって「これはまだ早い! このふたりはまだこういう関係じゃない!」とボツになっていたのでした。
花蓮ちゃんと陛下の関係の進み方の表現に非常に神経の細かい担当さんでございました(笑)。や、それだけ作品の世界観を大事にしてくれていた、ということでもあるのですが!

 

そんなこんなで、私も初めの頃は陛下を残念に陥れるのが楽しくて楽しくてウキウキとオチの付くいちゃいちゃを書いていたのでございますが(←ひどい作者!coldsweats01)。

「まだ早い! まだくっつけなくていい!」

と言われ続けているうちに、『駄目と言われるとやりたくなる』天邪鬼根性がむくむくと頭をもたげ、それと共に作品や花蓮ちゃんを書くのに慣れてきたというのも手伝って(この辺のことは最終巻あとがきをご参照ください)、無性にラブラブなふたりを書きたくなってしまったのです。
結果、私の脳内でどんどん花蓮ちゃんがデレ始め、シリーズ終盤はあんな感じに。

 

これ、しみじみと思うのですが、もしも担当さんから

「早くふたりをくっつけてください! もっとラブラブ展開にして!」

と急かされていたら、そこでまた天邪鬼精神が発揮されて、全然そういう展開にしたくなくなっていた可能性が高いです、私。
止められていたせいで、却って私の中にいる花蓮ちゃんの乙女心に火が点いてしまったんだと思います。
果たしてこれは私の性分を読み切った担当さんの作戦だったのか、単に陛下を残念にしたいだけの担当さんの個人的趣味だったのか……(笑)

 
 

途中で担当替えがあり、終盤4冊は新しい担当さんとのお仕事になりました。
前担当さんから恋人繋ぎ禁止の申し送りはなかったらしく(笑)、最終巻のカバーはあっさりと決定。というか、もうひとつあった別パターンラフも、ふたりは恋人繋ぎをしておりました。ええ、もう選択の余地はなかったんですけどね。犀川さんもわかってますね(笑)

 

……というわけで、今回は最終巻カバーイラストに関するこぼれ話でございました。
また折に触れ、つれづれにシリーズのこぼれ話など記事にするかもしれません。その時はまたお付き合いくださいませ。

 

あ、Cobalt11月号(10/1発売)に、花蓮ちゃんと陛下の娘・花梨ちゃんが活躍する次世代編を載せていただけることになりました。
番外編ではなくて、新たな主人公の新作という位置づけです。といっても花梨ちゃん、キャラは母親そっくりですが(笑)。妙に存在感のある両親も当然のように出てまいりますが(笑)
こちらも読んでいただけましたら嬉しいです!happy01

|

« 贅沢最終巻発売中! | トップページ | 新作『あくまで悪魔!』発売中! »

創作的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 贅沢最終巻発売中! | トップページ | 新作『あくまで悪魔!』発売中! »