« 雑誌Cobalt1月号発売! | トップページ | 贅沢な短編集のおしらせ! »

贅沢な身の上@流星群!

今夜は双子座流星群のピークだそうですね!
原稿作業のノルマを終え、お風呂へ入る前にちょっと庭へ出てみました。
しばらく空を見上げていたら、ひとつだけ流れ星を見られました!happy01

で、夜空を見上げながらちょっと思いついてしまった小話を書き殴ってみました。
本当に書き殴りで、ミニ小説とも言えなくてすみません。sweat01
 

 

shine ときめきは流れる星の果てに!? shine

 

「ねえ陛下ー。今夜は流れ星がたくさん見られる日なんですって!」
「ほう、そうか。では暖かくして一緒に見るか」
「うんっ」
 もこもこになって後宮の庭に出るふたり。
「わー、こんなに着込んでるのにまだ寒ーい!」
「ならばこれでどうだ?」
 花蓮を抱き寄せる天綸。
「ふぎゃっ。深夜に痴漢行為を働かないでくださいよ!」
「どこが痴漢行為だ! 皇帝が寵妃と共に星を愛でる微笑ましい場面ではないか。きっと私たちの仲の良さを見て流れ星も大盤振る舞いをしてくれるぞ」
 とりあえず天綸の腕の中が暖かいので逃げるのはやめて、ささやかれる戯言を無視しながら空を見上げる花蓮。
「――あっ、なんか流れた! あっまた!」
「おお、本当に大盤振る舞いだな」
「きれーい! あっ、何か願い事を言わなきゃ……!? えっと、えっと――」
 夜空を見ながら他愛もない願い事を並べる花蓮を微笑ましく見つめる天綸。
 そうするうちに、天綸の腕の中で大きな欠伸をして眠ってしまう花蓮。
 ビッグチャンス――!
 拳を握る天綸。しかし無邪気な花蓮の寝顔を見て、痛恨の漢の純情発動!
 何も出来ずに明くる朝――。
 すっかり風邪を引き込んだ皇帝陛下と、ピンピンしている寵妃なのだった。

おしまい☆

|

« 雑誌Cobalt1月号発売! | トップページ | 贅沢な短編集のおしらせ! »

創作的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌Cobalt1月号発売! | トップページ | 贅沢な短編集のおしらせ! »