« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

三歳の誕生日。

今年も『我鳥彩子』の誕生日birthdayがやって来ました。
10月30日、デビュー記念日です。
私も満三歳になりました……!
 

先日、担当さんとこんな会話をしました。

「私、今年の秋でデビューして満三年ですよ~」
「おお! 我鳥さんももうそんなに……いや? 『もう』というか、『まだ』というか、どっちですかね~?」
「もちろん、『まだ三年』ですよ!」
 

相変わらず、いろんなことがよくわからないまま生きています。sweat02
今年も初めての経験をいろいろさせていただきました。
明後日には14冊目の著作が発売されます。
まさか自分の本が二ケタ冊も世に出ようとは、三年前には想像も出来ないことでした。
すべては応援してくださる読者の皆様と、編集部を始めとした関係者の皆様のおかげです。
家族や友達や仲良くしてくださる同業者の皆様も! ありがとうございます。
 

書きたいものは、いつだっていろいろあります。
あんなお話やこんなお話も書いてみたい!
これからも、すみれ色の背表紙の家族をどんどん増やしていけたらと願ってやみません。
よろしくお付き合いいただけましたら嬉しいです……!happy01

| | コメント (0)

フェアのおしらせ!

東京の書店、書泉さんにて、少女小説レーベル合同のフェアを開催中とのことです!shine

コバルト文庫からも5作品をフェア対象に取り上げていただいていまして、『贅沢な身の上』もその中に入れていただきました。
犀川さんのイラスト入りサイン色紙が書泉ブックマートさん(神保町)に飾られる他、購入特典ペーパーもあります。

ペーパーが付くのは、既刊1~3巻と、11/1発売予定の6巻だそうです。
既刊を全部揃えてくださっている方も、新刊でGET出来ますのでご安心ください!happy01

フェア開催期間は、本日10/10~11/11までとのこと。
詳細は、以下の書泉さんのサイトをご覧くださいませ~!

shine 秋のガールズノベルフェスタ shine

| | コメント (0)

雑誌Cobalt11月号発売中!

昨日は台風でしたね!typhoon
皆様ご無事でしょうか。
今日はすっかり晴れsunまして、雑誌Cobalt11月号の発売日です。
 

今号には、『残念王子特集』としまして、陛下主役の中編を載せていただいています。happy01
 

shine 贅沢な身の上 漢の純情をときめきに乗せて! shine
 

裏タイトル、『花蓮ちゃんは鎖骨美人!?の巻』です(笑)
昼寝中の花蓮にちょっかいを出して怒られ、後宮から追い出された陛下は……!?
アホアホでゆるゆるで漢まみれのお話です。
陛下の過去や、花蓮パパのあれこれがちょっとわかっちゃうかも……?
犀川さんイラストの、モブ顔の淑家使用人たちが私のツボにズキュンと嵌まっております(笑)
とことんゆるいお話なので、どうぞお気楽に読んでみてくださいませ~。
 

小説に続きまして、まんが版『贅沢な身の上 ときめきの花咲く後宮へ!』最終回も掲載されております。
鼻血花蓮が可愛いです。heart04
正体を明かす時の、陛下のドヤ顔がイイです(笑)
ラストも綺麗にまとめていただいて、感激しました。いやほんと、原作より全然いいですよこのラスト……!happy02
ありがとうございました山本さん……!
 

それから告知がもうひとつ。
今号と次号では、ドラマCDの全員サービスがあります。
『贅沢な身の上』もラインナップに入れていただきまして、原作となるミニ小説を二本書き下ろしました。
今月号で『花蓮編』、次号で『天綸編』に応募出来ます。
(モノローグの量で便宜的に『○○編』と分けただけで、どちらにもふたりが登場してあんなやりとりやこんなやりとりを繰り広げますよ!)
CDには、原作小説が収録されたブックレットが付属するそうです。

気になるキャスティングは――
花蓮役は大空直美さん。
天綸役は岡本寛志さん。
ボイスサンプルをいろいろ聴かせていただいて、イメージの合う方を探しました。
先日、収録スタジオにもお邪魔させていただきましたが、とても楽しかったです……!
大空さん演じる花蓮のとぼけた可愛らしさ(花蓮が乗り移ったかのようなあんな台詞やこんな台詞が!)と、岡本さん演じる陛下の『イケメンボイスde残念発言連発』の破壊力(すごいんですこれが……!)に、ぜひのけぞってください……!happy02
 

そして、次号の付録は2013年のカレンダーとのことで。
『贅沢な身の上』もラインナップに入れていただきました。
2012年のテーマは『ハッピー・ウェディング』でしたが、今度も heart01 なテーマらしいので、お楽しみに~!

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »