« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

二歳の誕生日。

二年前の今日、受賞作『最後のひとりが死に絶えるまで』が発売されました。
なので10月30日は、私のデビュー記念日、我鳥彩子という物書きの誕生日 birthday でございます。
私も今日で、満二歳となりました(子供ならもう結構喋りますね!)。happy01
 

去年に満一歳の記事を書いた時は著作が二冊だったのですが、それから一年後の今、七冊に増えているのはびっくりです。
作品を読んで応援してくださる読者の皆様、相変わらず右も左もわかっていない私の面倒を見てくださる編集部の皆様、トホホな私の話を聞いてくださる同業者の皆様、そして家族や友達のおかげです。感謝しています。ありがとうございます。
 

ここ最近、作品発表の機会をコンスタントに与えていただけるようになったのは夢みたいなお話で、その一方で自分の力不足を痛感する回数も増えています。
すみません。頑張ります。
もっと良いものを書けるように努力します。
三歳の誕生日には、今より成長していたいです。

私は全く以て発展途上な物書きですが、生温かい目で歩みを見守っていただければ幸いです。
ええ、やる気だけは空回りするほどありますので……!punch
 

それから……
現在、お手紙やメールのお返事が大変遅れておりまして申し訳ありません。sweat01
今年の春頃までにいただいたものには、お返事を出しました。それ以降がちょっと滞っておりますが……気長にお待ちいただけると幸いです。すみません!
お便りはいつもありがたく読ませていただいております。ブログやTwitterでお声をかけていただくのもとても嬉しいです。
「自分の本を読んでくださってる方がいるんだ……!」と感じられるのは、原稿を書き続ける何よりのモチベーションになります。ありがとうございます。
忘れた頃に手紙やメールの返信が届いても、驚かないでくださいね。sweat01

| | コメント (0)

風と共に去りぬ。

私をウハウハさせた夏が過ぎ……切ない秋がやってまいりました。

まずは、順調に育っていた実生パイナップル。

……虫が付きました。impact

ちっちゃい青虫のようなやつです。
殺虫剤を撒きましたが、遅かったようです。
5株の内、4株が枯れてしまいました。残りの1株も、非常に危ない状態です。

パイナップルは虫が付きにくくて強い、って聞いていたのに……!
実際これまで、虫の害で枯れたことはなかったのに……!
クラウン挿しの方はまったく被害がないのを見ると、実生の方は小さくて葉がやわらかいから虫に狙われたんだと思います。
ああ、せっかく過去最高に大きく育っていたのに……!
余裕こいて今年は新しく種を蒔かなかったよ……!crying
来年また蒔くー!!bearing
 

そしてキウイ。

こちらも虫が付いたのか涼しくなってきたせいなのか、葉が枯れて落ちてきていました。
でも茎は太いので、来年の春になればまた新芽が動くかも――と思っていたのですが。

今日、私が植物の様子を見に庭へ出ると、そこには『キウイ』と書かれたネームプレートが入っただけの空っぽの鉢が。

――何事 sign02

家族に事情を訊ねると、昨日、強い風が吹いた時に鉢がひっくり返ったようで、気がついた時には中の土や株はほとんど吹き飛ばされたあとだった――という話で。
現在絶賛原稿中でうんうん唸っている私は、鉢の様子を見に行くのも不定期になりがち。部屋に引き籠って外に出ない日もあるのですが(そういう時の水やりは家族に頼んでます。sweat01)、まさかそのタイミングを狙って鉢がひっくり返るって……! 土が吹き飛ばされるほどの強風って一体……!?
慌てて周囲を探し回ったのですが、吹き飛ばされた株は発見出来ず……。
とりあえず昨日気がついた時点で教えてよ家族! ってな話なのですが……まあ一番悪いのは世話をし切れなかった私です。
 

ああああ……。
今年こそ成功したかと喜んでいたのに……。
強風で吹き飛ばされるって……こんなのあり!?
あのふさふさに育ったキウイにまさかこんな結末が待ち受けているなんて、誰に想像出来るっていうのよう……!bearing
ショックのあまり、テンションだだ下がりで大変です。crying
 

なお、種にヒビの入ったアボカドは、発芽しないまま腐ってしまいました。
赤玉土に植えたまま、栄養のある土に植え替えをし損なっていたドラゴンフルーツは瀕死です。
(間引いて庭に捨てた方がなんだか育ってる感じなので経過を見守ります)
ひょろひょろのパパイヤは一部葉が枯れながらもまだ育ってます。
柿の種(お菓子ではない!)をGETしたので、今度はこれを蒔こうかな……。(←懲りない)
 

(それにしても私、もしかしなくても園芸の神様に嫌われているのかも……。weep

| | コメント (0)

贅沢なピンナップとミニ小説!

本日は雑誌Cobalt11月号の発売日です。happy01

今号には、犀川夏生さん描き下ろし『贅沢な身の上』ピンナップshineが付いております!(略して『贅沢なピンナップ』!)
それに合わせて、私もミニ小説を書きました。
オチのイラスト付きなのですが、下ろし髪の陛下とおさげ髪の花蓮が見られますので、興味がおありの方はぜひご覧になってみてください。
おさげ花蓮、私が想像していた以上に可愛い……!(笑)
 

(エゼルの方のミニ小説(付録カレンダー)といい、おまえはどんだけ髪いじりネタが好きなんだ! ……というツッコミは甘んじて受け止めます! ええ、好きなんです!(←開き直った!coldsweats01
でもですね、今回のミニ小説は『ピンナップイラストに合わせて書く』というコンセプトでして。絵がすでにあの構図だったので、もうその後の展開はああなるしかないじゃないですかっ! 美味しい構図をありがとうございます、犀川さんっ)
 

そういえば、ふと気づいたのですが。
受賞一作が載ったのが2009年11月号。
総選挙の二本目(『贅沢な身の上』)が載ったのが2010年11月号。
三年連続で11月号に作品を載せてもらってますねー!
(だからなんだ、って話ですが。coldsweats01
 

そして、今号にはもうひとつ、私がお邪魔をしている場所があります……。sweat01

『作家の壺』というコーナーで、ハープ演奏に挑戦させていただきました。
こんな機会でもないと接することもない楽器だと思うので、もう楽しみで楽しみで、頑張って原稿書き上げて身軽になってから取材に行きました(笑)
すっかり夢中になってカメラの存在を忘れ果て、血豆が出来るまで弦を弾いておりましたが、coldsweats01
でも夜には痛みも引いたので、次の日にまたレッスンだと言われてもOKでしたよ私!
本当に楽しかったです。happy01
憧れの楽器と触れ合わせてくださって、ありがとうございましたコバルト編集部様!heart04

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »