« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

この残暑に暑苦しい女。

今日はチェロのレッスンでした。

楽器をケースから出しているところで、「本読んだよ」と先生に感想を言われ、動揺する私。(前作の時と同じ展開……。coldsweats01
文庫はともかく、短編の方は先生の反応が一番怖かったので、楽しく読んでもらえたようでほっとしました……。
フィクションに理解のある先生でよかった(笑)

その上、周りに宣伝もしてくれる先生。
「少女小説なんだけどね」と注釈まで付けて。
すっかりコバルト文庫と雑誌Cobaltを覚えてくれたようです。ありがとう先生(70代男性)……!weep
 

そんなわけで、動揺を引きずりつつレッスン開始。
本日のワタクシ、暑苦しいバッハを先生にお聴かせしてしまいました。
「残暑厳しいんだから、もうちょっと涼しい演奏しようよ」
ハイ、ごもっとも……。crying

| | コメント (2)

すくすく。

パイナップルがすくすく育っております。
嬉しくてたまりません。heart04

100821p01

二週間前の写真と比べると、かなり大きくなってますよね!
それから、アボカドが派手に割れてきました。

100821av01

でも、亀裂を覗いてみても、葉っぱとか根っこのようなものは見えない……。
これからどうなってゆくのでしょう。
そしてキウイ。

100821kf01

前回から大して変化していないのですが……一番奥の、陰になってる芽の成長が著しい感じ。葉っぱの色が一番いいのです。
陽が当たってる場所より、ちょっと陰の方がよく育つって。夏の陽射しは難しいなあ。think
ドラゴンフルーツはこんな感じ。

100821df01

あんまり変わってません。
やっぱり間引いてやらないとダメかー。

| | コメント (2)

降られて待てずに安心出来ない女。

今日はチェロのレッスンでございました。
久々に、雨に降られました。楽器の積み下ろし、大変でした。crying
 

久々といえば、趣味(チェロ)カテゴリの記事を書くのも久しぶりな気がします。coldsweats01
や、ちゃんとレッスンは続けてたし、数年前から取り組んでいる某組曲も次の楽章に進んだりと、一応ゆるーく成長はしてるんですよ。ええ、本当にゆるーく。coldsweats01
 

どうにも私の演奏は、勢いまかせなのでして。
弾きながら、何度先生に「待て!」「待て!」と止められることか。
待てと言われて、そう簡単に待てれば苦労しないんですけどね。bearing
私の弾くバッハは、『聴いてて安心出来ない演奏』として定評があります、ハイ。(まったく自慢にならない。weep

| | コメント (2)

肥料をあげてみた。

試供品でもらった小袋の肥料を、さらに砕いて小さくして、キウイとパイナップルの鉢に置いてみました。
水をあげる度に溶けて土にしみ込んでゆくタイプの肥料です。
根っこや葉っぱに直接触れると、刺激が強すぎて枯れてしまうらしいので、鉢の隅っこの方に置きました。
ドラゴンフルーツの鉢にも置きたかったのですが、鉢全体に密集して芽が出てしまっているので、置くところがない……。sweat01
これも間引いてやった方がいいかな……。や、生命力強そうだから、引っこ抜いたやつをまた別の場所に植え替えてやればいいのかしらん?

| | コメント (0)

二週間の成長。

前回、芽の写真を撮ってから二週間が経ちました。
その間に、いろいろと動きがありました~。
まずは、亀裂の入ったアボカドの種。

100807av01

あとどれくらいで、これがパカッと割れて、芽が出てくるんでしょうね~。
続きましては、パイナップル。

100807p01

二週間前の写真と比べてみてください~。
すごく大きくなりました! 嬉しい!happy01
そしてドラゴンフルーツです。

100807df01

これも随分育ちましたね。
もうちょっとアップにすると、こんな感じです。

100807df02

サボテンぽくなってきましたね!
そしてそして、一番心配なキウイ……。

100807kf01

葉っぱの一部が赤くなってきてます。
たぶん日焼けです。
外に出してるわけじゃなくて、東向きの出窓に置いてるのに……。weep
とりあえず、陽射しの強い午前中は窓から離しておくことにしました。
さあ、今年こそ私はキウイとパイナップルに夏を越えさせることが出来るのでしょうか!? 
(そう、冬を越させる前に、まずはこの猛暑を乗り切らないと!bearing

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »