トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

増えた。

パイナップルの芽が、五つに増えていました。happy01
でもまだ小さいので、写真を撮るには早いなあ。
昼の陽射しが強いうちに、少しでも大きく育てておきたいです。そうでないと、冬を越す体力がなくなってしまうので。
 

窓辺に置いたキウイは、ますます以て危険な雰囲気。
そして庭の巨峰は、一本が枯れ、一本は半分枯れ、頼みの綱は残る一本のみ。大丈夫か!?coldsweats02

| | コメント (0)

右手を使いこなせない女。

チェロのレッスン日でございました。

現在、腰を据えてやるべき練習曲に取り掛かっているので、今回も持ち帰り。
バッハの方もそうだけど、右手(弓)をちゃんと使えるようになるのは大変だあ……。think
 

バッハは、ここしばらくず~っと同じ曲をやっていますが、少しずつ少しずつ前に進んではいるようなので、地道に頑張ってゆこうと思います。
もっとも、バッハは弾いているだけで楽しいので、練習は苦にならないんですけどね(笑)

| | コメント (0)

そんなことを言っていたら。

本日、三度目のブログ更新です。ちゃんと記事をまとめろ、って話ですね。coldsweats01

いやー、今、庭に出る用があったので、もう一度パイナップルの種を播いた鉢を見たんです。
そしたら。
昼間、上から見下ろした時には気づかなかったんですが、しゃがみ込んで土をよ~く見てみたら、芽が出ていました!shine しかも三つ!shine
でも今の状態だとあまりに小さいので、写真撮ってもよくわからないと思います。
もう少し育ったら、画像UPしますね~。
(って、パイナップルの芽の写真を見たい人って、いるのかな……。coldsweats01

| | コメント (2)

深窓のキウイ。

外に出しておくと、陽射しにやられて枯れるのは時間の問題なので、キウイを室内に入れました。
明るい東向きの出窓に置いています。
でも、苗はすでに結構な深手を負っている感じなので、注意深く観察していかないと危険です。
なんだか今年も失敗に終わりそうな気配が、ひしひしと……。大丈夫かなあ。weep
 

そしてパイナップルの種は、依然として発芽していません。
ちゃんと、水に沈んだものだけを播いたんだけどな。
今年は梅雨が長引いたのが悪かったのかな……。

| | コメント (0)

ブツブツ戦記。

今日は、皮膚科に行ってまいりました。
いえ、去年からずっと、私は吹き出物に悩まされていたのでして。
 

元来の私は、十代の頃にニキビで悩んだこともなく、大人になってからも、明け方まで小説を書く不規則な日々を過ごしてもビクともしない面の皮の持ち主でございました。
それが、去年からまさかの吹き出物の集中攻撃。
や、原因に心当たりはあるのです。
ブツブツが出始めたのは、去年、寝耳に水のコバルト編集部から電話がかかってきた時から。
顔に吹き出物の天の川が出来たピーク時というのは、今年、人生二度目の最終選考結果を待っている頃。
……はい。明らかに、ストレスですよね。coldsweats01
勝手な話です。自分の意思で応募したくせに、結果が出そうになると怖くなる。小心者で済みません(苦笑)
 

「今度こそ結果を!」と自分で自分にかけたプレッシャーも、大きすぎたんだと思います。
その頃は精神的に余裕がなさすぎて、病院へ行こう、という考えすらも浮かんできませんでした。
「そうだ、皮膚科へ行こう!」と思ったのは、贈賞式が済んでからのことでした(←遅い!)
今日は通院を始めてから三度目の診察で、経過はいい感じです。ブツの新規発生はなくなったので、いつもの塗り薬と、痕を消すための飲み薬が出ました。
このまま綺麗に治ってくれればいいなあ、と切に願っています。shine

| | コメント (0)

芽が出ない。

8月も半ばになりましたが、パイナップルの芽がまったく出ません。
30個以上も種を播いたのに、まさかひとつも発芽しないなんてことが!?coldsweats02
 

2鉢あったキウイは、1鉢がひっくり返って駄目になってしまいました。
残りの1鉢を、大切に育てています。
我が家の庭は陽当たりがよすぎて、いつも葉っぱが焦げたり根っこが煮えてしまって枯らしてしまいます。
そう、そもそも冬越しの前に、夏を越すのが大変なんですよ、うちの庭のキウイ。去年はなんとか夏を越したものの、秋を越せずに終わってしまいました。
だから今年こそ、新記録を狙いたい。冬を越させてみたい~!bearing
(注:本で読んだりネットで調べたりしたところ、実生キウイを育てるのにここまで苦労している人を見たことがありません。私に園芸の才能がなさすぎるのか、我が家の陽当たりが異常なのか。どっち……?weep
 

なお、一昨年に種を播いた巨峰は、庭に植え替えて育っています。
なぜ「一昨年」なのかというと、葡萄の種は、土に植えたままひと冬を越してからでないと発芽しない、ということで。
一昨年の夏、食べた巨峰の種を播き、それが去年発芽しました。秋に葉っぱが落ちてしまって、「枯れちゃったのか!?」と思っていたら、今年の春に芽が動き出しました。落葉してただけなんですね。coldsweats01
で、夏前に路地植えにしたら、成長が早いこと。やっぱり、鉢の中では窮屈なのねー。
 

他には、レモン、グレープフルーツ、文旦も植えてあります。
柑橘系は、とにかく発芽率が高く、ほっといても大丈夫なので、庭で勝手に育ってます(笑)

| | コメント (2)

揺れました。

すごい揺れで目が覚めました!coldsweats02
あんなに長い間、強く揺れる地震は初めて経験しました。怖かったです。
が、私も家族も家も無事ですので、心配してくださった方がいらっしゃいましたらご安心ください。 

 

実は昨夜、寝る前、なーんか厭な予感がしたんですよ。
それで、小説データ(過去20年分)のバックアップを取ってから寝ました。で、目が覚めたらこの地震でした。
虫の知らせ、ってやつでしょうか……。
幸い今回は、データを持って逃げるほどの事態にはなりませんでしたが、これからも野生のカン(?)には従って行動しようと思います。はい。

| | コメント (2)

ちょっとマシになった女。

チェロのレッスン日でございました。

今日はバッハをみっちりやりました。
どうにも私は、テンポが悪い女なのでして。レッスンではいつもいつもいつもいつも、テンポが悪いと注意され続けています。
それが、ですよ。今日は珍しく「テンポが崩れてない」と言ってもらえました。記憶にある限り、今までテンポに駄目出しされなかったレッスンなんてなかったような気がするので、生まれて初めてのことかも!?(←すごい残念な自慢だし。coldsweats01
でも、そこで喜んでる場合ではないのです。テンポが合ってるだけでは、何の面白味もない演奏です。もっとメリハリと遊び心を盛り込まなければ。
人様に耳を傾けてもらえる演奏が出来るようになる日は、まだまだ遠いです……。think

| | コメント (0)

梅雨が明けました。

私の生息地域でも、ようやく梅雨が明けました。
梅雨が明けたら暑中見舞いを書こう、ついでに小説を書いていることを言っていなかった人たちにも受賞報告をしよう、と思っていたのですが、まさかこんなに長引くとは。coldsweats02
結局、先に結果発表の載った本誌が発売されてしまいました。
まあこれはこれで、とりあえず雑誌を見ればウソだとは疑われないだろうからちょうどいいかも? ということで、本日暑中見舞いを投函してきました。
 

そして、家族には見せないようにしていた本誌を(だって恥ずかしいじゃないですか!)、今日とうとう見られてしまいました……。
私の名前(ペンネームですが)や写真が載っているページを何度も何度も繰り返し見ている母に、ああ、少しは親孝行になったのかな? と思いました。タイトルは(いや内容も)物騒ですけどね。coldsweats01
 

話変わりまして、趣味のお話。
梅雨が明けて楽しみなのは、パイナップルの発芽!
これまでの経験上、梅雨が明けると続々芽が出始めるんですが……今年はいつ、そしていくつぐらい発芽するかなあ。
柑橘類なんかはとても発芽率が高いのですが、パイナップルは低いのです。だから、数打ちゃ当たれとばかり、たくさん播いてあります。
実は、これまで育てていた実生(みしょう。種から育てた、の意)パイナップルは、受賞作執筆に専念するあまり世話が出来ず、最後の一株に到るまで枯れ果ててしまいました。crying
なので、今年こそまた新たなパイナップルを~!
 

ちなみにこちらは、実生ではなくクラウンを挿して育てたパイナップル。
でも株が大きくなる前に実がついてしまったので、食べられるサイズではないです。despair

090803p01_2
 

そしてこちらは、今年発芽したキウイ。
今年こそ冬越しに成功したい~!

090803kf01_2

| | コメント (4)

ご挨拶。

改めまして、我鳥彩子と申します。
この度、コバルトロマン大賞にて、拙作『最後のひとりが死に絶えるまで』が佳作入選という栄誉をいただきました。
これまでハンドルネームを使っていたこのブログですが、本日、結果発表が載る雑誌Cobaltの発売日を区切りとして、ペンネーム名義で再出発しようと思います。
よろしくお願いいたします。
 

受賞作は、とても私らしい作品でした。
書きたいものを書きたいように書いて、評価していただけたというのが本当に嬉しいです。
そして。
ずっと私を励まし続けてくれた友達、時には厳しいことを言って私を奮い立たせてくれた友達がいます。彼女たちに受賞報告を出来たことが何より嬉しいです。

去年は落選報告で、がっかりさせちゃってごめんね。今年はあなたたちに、明るい報告をしたかったのです。それが叶ってよかった。今までありがとね。これからも諦めずに書き続けてゆくつもりなので、お付き合いをお願いします。
 

また、どこからかいらしてこの記事に目を通してくださった方へ――。
興味を持っていただいてありがとうございました。
頑張りますので、今後、名前を見かけたらちらっとでも作品を読んでやっていただけると嬉しいです。
 

我鳥 彩子

| | コメント (6)

トップページ | 2009年9月 »